MENU

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

アスタキサンチンは、抗酸化作用の王様ということで、アンチエイジングから視力改善まで様々な効果が期待されています。そんなアスタキサンチンですが、食品にも多く含まれています。ではどういった食品にアスタキサンチンは含まれているのか、見ていきましょう。

 

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事の方法

鮭 推定:約2.3mg~3.7g(100g当たり)

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

紅鮭のほうがアスタキサンチンの量は多く、銀鮭のほうが少ない傾向にあります。鮭の場合一切れ当たりが70gだと仮定すると6mg摂取に4切れ程度の摂取が必要になります。たまにならいいかと思いますが、毎日食べることは精神的にきついかもしれません。

 

また、鮭を食べる場合には、皮をぱりぱりにするとおいしい、という人もいますが、皮に含まれているオメガ3脂肪酸は過熱すると血液をドロドロにさせる物質に変化するため、たまに食べる程度ならば問題はありませんが、常食する場合には皮は避けたほうがいいでしょう。

 

オキアミ 推定:約3.0mg~4.0mg(100g当たり)

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

釣りの餌として有名なオキアミですが、アスタキサンチンの量はぴか一。
一見人間が食べるものじゃない、といったイメージが多いのですが、食用も存在します。調味料の魚醤の原料としても有名で強いうまみがあります。

 

扱いとしては桜エビと同様の味付けがおいしい調理法です。

 

いくら 推定:約2.5~3.0mg(100g当たり)

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

鮭の中のアスタキサンチンを産卵の際、多くを移すことになるいくらはアスタキサンチン量が豊富です。

 

非常に栄養価は高いものの、いくらには多くのプリン体があるため常食すると尿酸値が高くなり痛風といった症状になる可能性があるため、食べすぎは禁物です。

 

たらこ 推定:約2mg(100g当たり)

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

たらこの赤い色素にも実はアスタキサンチンが含まれています。

 

ただ、たらこも塩分やプリン体、コレステロールが多いため、常食するのは避けたほうがいいでしょう。

 

サーモン(アトランティックサーモン・キングサーモン)推定:約0.1~0.9mg(100g当たり)

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

鮮やかな色と脂身でおいしさに定評のあるサーモンですが、アスタキサンチンの量はあまりありません。

 

脂肪量も多いため、アスタキサンチンをサーモンのみで摂取する、というのはあまりおすすめできません。

 

他のアスタキサンチンの含有している食材(0.1mg~2mg)

桜えび
車エビ
金目鯛
甘エビ
毛ガニ
すじこ
など海の赤い食材

 

 

食材で摂取するなら鮭がおすすめ!

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

その他の食材は、値段も比較的高く、カニやエビにはプリン体と呼ばれる痛風の原因となる物質が多いため、常食はおすすめできません。

 

一方、鮭はアスタキサンチンの量が多く、値段も安く、栄養価が高く摂取しすぎによる副作用などは皮を除けばないため常食するならば、鮭が一番良いでしょう。ただし、同じ鮭でも脂肪分が多い鱒やサーモンには注意が必要です。比較的アスタキサンチンの多くヘルシーな紅鮭、次点で銀鮭を食事に取り入れることをおすすめします。

 

食品からのアスタキサンチンの摂取量の計算は難しい

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

含有量推定に幅があるように、食品の生育環境、旬、捕獲時期などによりアスタキサンチンの含有量はかなり変わりますので、アスタキサンチンの恩恵を受けたい、という場合はサプリメントでの摂取がおすすめです。特に研究結果にあるような6mg~12mgの摂取が効果的だからそのくらいは摂取したい、という場合には鮭の毎日の摂取量が大きいもので3切れ~6切れ必要になりますので、あまり現実的とは言えません。

 

確実に摂りたいならばサプリメント

アスタキサンチンを豊富に含む食品、食事はコレ!

常食できそうなものが鮭であり、一日当たり2切れ以上必要というと、たまにならばともかく、あまり現実的ではありません。一切れ100円で販売されていたとしても、200円×31=6200円は「一品」でかかるわけです。実際には鮭は100g200円以上のものが多いため、この倍前後はかかってしまいます。他の高級食材で摂ろうと思えば、一万円~数万円以上はかかります。

 

また、アスタキサンチンには、確かに強い抗酸化作用がありますが、それ一つだけでは「効果は半減になる可能性」があります。その理由は、栄養は他の栄養と複雑に絡み合い、効果を発揮するものだからです。

 

自分が何の目的でアスタキサンチンを摂取したいのかを考え、どういったサプリメントを選ぶべきかを一度再考してみることで自分にあったサプリメントを選ぶべきでしょう。

 

では、現在アスタキサンチンにはどういった効果が期待できるのでしょうか?

 

アスタキサンチンの期待できる効果

・疲れ目、ピント調整機能の改善、仮性症状からの視力回復
・エイジングケア(美白・美肌・シワ・色素沈着改善)効果(抗酸化作用)
・抗炎症作用(慢性の炎症(肝炎など)を抑える)

 

例えば、視力に関するものでしたら、ルテイン、アントシアニンといった臨床結果のあるものを併用するほうがより効果を実感できます。
エイジングケアでしたら内臓を元気にする、特に肌の代謝を司る肝臓系に良いものを併用して摂取し、ビタミンB群や肝臓に良いオルニチンなどと摂取することがおすすめです
抗炎症作用でしたら炎症を抑え、修復のために細胞の元であるタンパク質を生成するアミノ酸などと併用して摂取することがおすすめです。

 

このように、一つだけの栄養素で体はできているわけではないため、できる限り複合して摂取することが大切です。もちろん理想は食事での摂取ですので、サプリ一辺倒にならず補助的に使うことをおすすめします。

 

とはいっても、どういったサプリメントが良いのか、というのを探すのは非常に労力がかかるため、当サイトで調査したおすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介します。サプリメント選びの参考にしてみてください。

 

期待できる効能とアスタキサンチン配合サプリメントランキング

 

オルニパワーZnの特徴

美肌・美白・シミ・抗炎症作用・肝臓からカラダキレイに!

オルニパワーZnはオルニチン・亜鉛・アスタキサンチンに加え、必須アミノ酸9種、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。

その秘密は、アミノ酸スコア100の食材であるしじみと海のミルクとも言われる栄養価の高い牡蠣のエキスが配合されている点にあります。これらの食材は「肝臓に良い食べ物」として有名です。肝臓は、お酒の分解といったイメージがありますが、エネルギーを代謝したり、消化吸収を助ける物質を生成したりと、健康はもちろん、食品の美活においてもまずケアしたい臓器になります。

逆にいえば、肝臓が元気でないとどんな良い成分も宝の持ち腐れとなってしまうのです。

特に肌のくすみなどが気になる方は肝臓の調子がよくない可能性がありますので、肝臓をケアする成分の多く入ったオルニパワーZnは非常におすすめできるサプリメントです。

 

オルニパワーZnのおすすめポイント!
  • 今なら500円(一か月分)試せる
  • 肝臓機能を高める話題の成分、オルニチンをたっぷり800mg配合
  • 肌や臓器の再生にも必須の亜鉛12mgをはじめ様々なビタミン、ミネラル、アミノ酸を配合
  • 還元力の王様、アスタキサンチン配合

口コミ

35を過ぎたあたりからくすみがひどくなって、肝臓が悪いからかもしれない、と思い検査したところ慢性肝炎と診断されました。食事療法に切り替え、このサプリメントを飲んだところ、3か月ほどですっかり良くなり、肌のくすみが消えたばかりかキメも細かくなりました。 栄養は本当に大切なものだと実感しました。

39歳/女性
お酒を飲むからか体がボロボロでした。友達からこれが良いと勧められて飲み始めましたが、「こんなに良いものがあったのか」という感じでした。もちろん飲み始めてすぐに効果が合わられたとかではありません。でも違いが分かりました。何せ酒が弱い酒好きの私が一日飲みにいってつぶれることがなくなったんですから。本当にありがたいです。
53歳/男性
もともと食生活には気を付けていましたが、飲み始めてから2か月ほどで化粧のノリがすごくよくなりました。安くはないけど高くもないので美容品と割り切って使いたいと思います。
45歳/男性

価格 500円
評価 評価5
備考 定期便初回価格(いつでも解約可能) 2回目以降は3480円
 

めなりの特徴

疲れ目・目元のピント調節機能改善におすすめ

めなりには、目のピント調整機能改善が期待できる成分が三つ含まれています。
それは、『アスタキサンチン』、『アントシアニン』、『ルテイン』です。

アントシアニンには、ロドプシンと呼ばれる目が見えるために必要な色素を再合成するといった効果があるため、直接機的に疲れ目や視力回復に効く成分として知られています。そして、このアントシアニンが含まれているビルベリーは、普通のビルベリーではなく、特許を取得したビルベリーで普通のブルーベリーの六倍、持続力が2倍と他のアントシアニンが摂取できるものと比べても群を抜いています。

ルテインは、天然のサングラスともいわれ、網膜黄斑部という網膜を通った先の光を感じるところに滞在します。この場所にはルテインとゼアキサンチンという成分しかないため、ルテインがないということはそのまま紫外線のダメージを受けてしまうため、白内障などの眼病になる可能性があります。そしてめなりにはこのルテインはもちろんゼアキサンチンも含まれています。

そんな目に良い成分に加え、クロセチン、ビタミン群、ミネラル群と非常に多くの目に良い成分が含まれています。

アスタキサンチンは非常に抗酸化作用の強い成分ですが、成分には役割があり万能ではありません。

活性酸素を抑制するだけではできない役目を他の栄養素が担ってくれるから「満足度が違う」結果を導き出せます。

視力に関するサプリメントを飲んでいるならば、こちらに切り替えるだけでも十分な成果が期待できます。

 

めなりのおすすめポイント!
  • モンドセレクションの「最高金賞」を受賞
  • アントシアニンの吸収率、持続力が2倍の特許ビルベリー使用
  • ルテイン12mg配合
  • ゼアキサンチン2.4mg配合
  • アスタキサンチン・クロセチン・ベータカロテン・ビタミン群・ミネラル配合

口コミ

ずっと気になっていましたが、眼精疲労がひどいので購入しました。アスタキサンチンの単品も買いましたが、あれよりずっと私にはあっているみたいで、目が疲れにくくなりました。心なしか肌通夜もよくなった気がします。 46歳/男性
抗酸化作用のオンパレードで満足です。そういえば、これを飲み始めてから夜運転中に目が見えやすくなったように感じます。あと健康診断の数値がよくなりました。目だけだと思っていたので得した気分です。 35歳/男性
食事で体質は変わる、という話を信じていろいろ頑張りましたが、やっぱりめなりを使うか使わないかは重要みたいです。最初は自力で頑張っていましたが、最初から使えばよかったと思いました。白内障になる可能性もありましたが、今では健康な目を取り戻しました。 69歳/女性

価格 907円
評価 評価4.5
備考 初回モニター毎月お届けコース(いつでも解約可能) 2回目以降は2980円
 

アスタブライトの特徴

眼精疲労、目のピント調節機能改善・エイジング、抗炎症目的ならこれ

アスタキサンチンを8.1mg配合しているので純粋にアスタキサンチンをしっかり摂取したい人におすすめのサプリメント。

もちろん、アスタキサンチンだけでなく、スーパーフルーツとして話題のマキベリー(アントシアニン)やルテイン、血液サラサラ効果が期待できるDHA・EPAを配合し、抗酸化作用の代表格であるベータカロテン、ビタミンEやビタミン、ミネラルと総合的にビタミンを摂取できます。

アスタキサンチンで眼精疲労、目のピント調整機能の改善には6mg以上の継続的な摂取が必要ということから、あくまでアスタキサンチンで目の改善を目指したい、という方にもおすすめできます。

また、アスタブライトは、10日間の返金保証を行っていますので、まずは合うかどうか分からないから飲んで試してみたい、という方にもおすすめです。

 

アスタブライトのおすすめポイント!
  • スーパーフルーツマキベリーを一日当たり100mg配合
  • 天然のサングラスともいわれるルテインを配合
  • 還元力の王様アスタキサンチン8.1mg配合
  • 魚の油などに含まれ、血液サラサラ効果のあるDHA/EPA配合
  • 10日間の返金保証
  • 亜鉛12mg配合
  • ビタミン群、ミネラル群配合

口コミ

アスタキサンチンとルテインとマキベリーがとれてこの価格はやすい!もう愛飲してます。老眼のなりかけがよくなった気がします。
44歳/女性
夜の運転が最近怖かったのですが、夜の雨の日でもしっかり見えるようになりました!満足です。
46歳/男性
食品なので合う合わないはありますが、ビルベリーよりも私はこちらが良かった。パソコン仕事ですが集中できる時間が増えました。
52歳/男性

価格 1834円
評価 評価4
備考 定期便初回価格、2回目以降は3982円